<教えてくれた人>

料理家・野口真紀さん

料理雑誌の編集者を経て、料理研究家の道へ。育ち盛りの2児のママ。簡単ながら、栄養や健康に配慮した家庭料理や、センスのよいスタイリングが人気。最新刊『毎日食べて体すっきり 野菜の酢漬けと展開レシピ』(MdN社)ほか著書多数。
Instagram:@makinoguchi1022


<今月のお弁当のおかず>

01 サンタのおにぎり
02 鮭のピカタ
→卵で衣をつけるので、冷めてもふわふわ
03 だし巻き卵
→硬くなるのを防ぐために、少し水を入れる
04 ヤングコーンのソテー
05 うずらの卵の雪だるま


01 サンタのおにぎり

かわいいサンタのおにぎり。カニカマや魚肉ソーセージなど、子どもが大好きな具材を使って、帽子や顔を彩っていきます。

<材料>調理時間:10分

・ご飯…1膳
・カニカマ…2本
・魚肉ソーセージ…適量
・スライスチーズ…適量
・のり…少々
・キュウリ(鼻)…少々

<作り方>

1.ご飯をラップでしっかりとにぎる。帽子部分が三角になるように、少し細長くにぎるとよい。
2.帽子部分にカニカマをのせる。魚肉ソーセージで顔、チーズでヒゲをつくる。さらに、のりで目、キュウリなどを三角にカットして鼻をつけて完成!

ポイントは、おにぎりのトップを細長く三角になるようににぎること。さらにおにぎりの輪郭に合わせて、具材の端をななめにカットしていくときれいに仕上がります。

02 鮭のピカタ

卵の衣が、具材をふわふわに保ってくれる冬の名おかず「ピカタ」。隠し味のパルメザンチーズが、コクのある仕上がりを叶えます。また、鮭は旬のメカジキやお肉でも代用可能です。

<材料>調理時間:10分

・生鮭…1切れ
・塩、胡椒…各適宜
・小麦粉…適量

卵液
・卵…1個
・パルメザンチーズ…大さじ2

<作り方>

1.生鮭は2cmでそぎ切りにする。表面の水気をふき取り、塩、胡椒、小麦粉をまぶす。
2.卵液の材料を混ぜて、1に絡める。
3.フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、2を入れてこんがりと焼く。粗熱を取る。

\時短ポイント/
鮭は薄く切る

鮭を薄く切ることで、すぐに火が通るので時短に。小さくカットするので、子どもも食べやすくなります。

03 だし巻き卵

だしの旨味と香りがきいたお弁当の大定番おかず。冬でもふっくらを保つポイントは、少しの水を入れること。また、水を入れた卵液は焼くときに巻きやすくなります。

<材料>調理時間:5分

・卵…2個
・白だし…小さじ1
・砂糖…小さじ1
・水…大さじ1

<作り方>

1.ボウルに全ての材料を入れて、よく混ぜる。
2.卵焼き器に油(分量外)をひいて、1を少しずつ加えて巻いていく。粗熱を取る。

\時短ポイント/
白だしを使う

市販の白だしを使えば、大変な出汁取りも不要です。さらに出汁を使うよりも、卵焼きの色がキレイに仕上がります。

04 ヤングコーンのソテー

市販のヤングコーンをパッとソテーにすれば、時短でおいしいおかずに。もみの木のような見た目で、クリスマスのムードづくりにもおすすめです。

<材料>調理時間:3分

・ヤングコーン(水煮)…3本
・塩、胡椒…各適宜

<作り方>

1.フライパンにオリーブオイル大さじ1とヤングコーンを入れて熱する。
2.焼き色がついたら塩、胡椒をする。粗熱を取る。

\時短ポイント/
ヤングコーンは水煮を使う

そのまますぐ調理に使える水煮のヤングコーンを活用して時短に。

05 うずらの卵の雪だるま

隙間埋めおかずとしても優秀な、うずらの卵でつくる雪だるま。うずらの卵をピックに刺して、余裕があれば黒ゴマやカニカマで簡単に顔を彩りましょう。

<材料>調理時間:3分

・うずらの卵(水煮)…2個
・黒ゴマ…2個
・カニカマ…少々

<作り方>

1.うずらの卵をピックにさし、ゴマで目を、カニカマで口をつける。


仕切りや飾りで「生のレタス」を使う時の注意点

Vol.1で「食中毒に気をつけるために、生の野菜を避ける」というポイントをご紹介しましたが、気温が低い秋冬なら飾りのレタスを登場させやすいです。次の2つのポイントに気をつけて取り入れてみてください。

ポイント1:しっかり水を切ること

水気が残っていると、秋冬でも菌は繁殖しやすくなります。水洗いしたら、キッチンペーパーをかぶせて軽く押さえて完全に水気を吸い取ります。このとき、まな板の上で作業はせず、なるべく直接手で触れないようにしてください。

ポイント2:おかずはきちんと熱を冷ます

おかずが熱いままだと、お弁当の中が蒸れて水分が発生し、菌が繁殖しやすくなります。きちんとおかずの粗熱を取ってから、蓋をするようにしてください。また、ご飯の熱がなかなか冷めにくいので、おにぎりなどは一番最初につくって、冷ましておきます。

葉野菜は茹でたほうれん草でもOKですが、ふわっとしたリーフレタスがお弁当を華やかにしてくれるので、ぜひ活用してみてください。


サンタや雪だるまが可愛い、クリスマスのお弁当をご紹介しました。また、冬でもおいしく食べられるおかずで、冬のお弁当ライフも楽しみましょう!

Vol.1「お弁当づくり5つのポイント」はこちら
Vol.2「夏でも傷みにくく、夏バテ予防にも!<酢てりやき弁当>」はこちら
vol.3「栄養たっぷり!夏でも傷みにくい<簡単3色のり巻き弁当>」はこちら
Vol.4「秋の味覚を堪能!<サツマイモのおこわ弁当>はこちら
Vol.5「子どもが喜ぶ!<ハロウィンの手まり寿司弁当>」はこちら
Vol.6「簡単で豪華見え!<俵おにぎりの行楽弁当>」はこちら