<教えてくれた人>

料理家・野口真紀さん

料理雑誌の編集者を経て、料理研究家の道へ。育ち盛りの2児のママ。簡単ながら、栄養や健康に配慮した家庭料理や、センスのよいスタイリングが人気。最新刊『毎日食べて体すっきり 野菜の酢漬けと展開レシピ』(MdN社)ほか著書多数。
Instagram:@makinoguchi1022


<今月のお弁当のおかず>

01 サツマイモのおこわ
02 牛肉の味噌炒め
03 小松菜のごま和え
04 エノキのなめ茸(事前準備)

★傷みにくくするポイントは、火を通した調理後のおかずに直接手で触れないこと。清潔なお箸を使って詰めて、菌の付着を防いでください。


01 サツマイモのおこわ

みんなが大好きなサツマイモを楽しめる絶品おこわ。お米の半量をもち米にすることで、モチモチおこわになるだけではなく、時間が経ってもおいしさが続くのでお弁当にぴったりの献立です。

<材料>準備時間:10分以内

・白米…1合
・もち米…1合
・サツマイモ…1本
・酒…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・黒ごま…適量

<作り方>

1.白米ともち米をとぐ。サツマイモは2cm角に切る。
2.炊飯器の内釜に米を入れ、水を2合の線まで入れる。サツマイモ、酒、塩を入れて炊飯モードで炊く。
3.粗熱が取れたらお弁当の中に入れて、最後に黒ごまをふりかける。もし余ったおこわを冷凍するときは、できるだけ温かいうちにラップに包むこと。

\時短ポイント/

全ての材料を炊飯器に入れて、いつものようにスイッチを押すだけ! 手軽にお弁当の主役になるメニューがつくれます。


02 牛肉の味噌炒め

短時間でできるのに、おいしさがぎゅっと詰まった肉おかず。味噌が主役の合わせ調味料をあらかじめ用意しておいて、お肉に絡めて炒めるだけの簡単レシピです。冷めてもおいしく、ご飯が進みます。

<材料>調理時間:5分以内

・牛肉(切り落とし)…200g

★合わせ調味料
・味噌、酒、みりん、水…各大さじ1
・砂糖…小さじ1

1.フライパンに油を熱し、牛肉を入れて炒める。
2.★の合わせ調味料を入れて全体を炒める。 粗熱を取る。

\時短ポイント/

調味料を合わせておいて、お肉に絡めて炒めるだけ。合わせ味噌は覚えやすい分量なので、基本の味付けとして覚えておくと便利です。


03 小松菜のごま和え

カルシウムやビタミンC、鉄分、食物繊維など栄養価の高い小松菜と、白すりごまをたっぷり和えた副菜。甘めの味付けが子どもも大好き!

<材料>調理時間:5分

・小松菜…1袋
・白すりごま…大さじ3
・砂糖…小さじ1
・醤油…大さじ1

<作り方>

1.小松菜は4cm幅に切り、塩を入れた熱湯でさっと茹でて、水気を絞る。
2.ボウルに調味料を混ぜて、1を入れて和える。粗熱を取る。


04 エノキのなめ茸(事前準備)

自家製で安心の簡単なめ茸。ご飯のお供にしたり、そばやうどんにかけたり、なめ茸和えなどの副菜にも幅広く活躍してくれる常備菜なので、覚えておきたいレシピです。

<材料>調理時間:6分

・エノキ…1パック(約200g)
・醤油、酢、酒、みりん、だし汁…各大さじ1.5
・砂糖…少々

<作り方>

1.事前準備。エノキは根元を切り落とし、長さを半分に切り、下側をよくほぐす。
2.鍋に全ての調味料を入れて、 中火で煮立てる。1を加えて、ひと混ぜして煮汁となじませ、弱火にて4分ほど煮る。
3.火を止めて、冷ましながら味を染み込ませる。冷蔵庫で1週間、冷凍庫なら1ヶ月保存可能。

\時短ポイント/

事前に作りおきしておけば、朝はお弁当に入れるだけ!


旬のおいしさと栄養がたっぷり詰まった、時短弁当レシピをご紹介しました。秋の遠足や行楽シーンで活躍してくれる献立で、秋の味覚を満喫してくださいね。

次回10月は、可愛いハロウィンがテーマのお弁当をお届けします。お楽しみに!

Vol.1「お弁当づくり5つのポイント」はこちら
Vol.2「夏でも傷みにくく、夏バテ予防にも!<酢てりやき弁当>」はこちら
vol.3「栄養たっぷり!夏でも傷みにくい<簡単3色のり巻き弁当>」はこちら
Vol.5「子どもが喜ぶ!<ハロウィンの手まり寿司弁当>」はこちら