コーディネーショントレーニングの条件とは?

コーディネーショントレーニング

コーディネーション能力を高めるトレーニング(以下、コーディネーショントレーニング)というと、むずかしく考えがちですが、本来は、外遊びを通じて、子どもたちは自然と経験し、高めていけるものです。

ですので、コーディネーショントレーニングは、実は、どんな方法でもいいのです。
ただ、下記の5つの条件を踏まえてトレーニングメニューを考えると、より効果的といえるでしょう。
①いろいろな条件の中で複数の動作を組み合わせる(複合性)
②1つの条件でできるようになったら、変化をつける(変化)
③左右、前後、上下、相反する手や方向で行う(両側性)
④普段とは違う刺激を与える(差異化)
例:サッカーをやっている子であれば、テニスボールやバレーボールでリフティングする
⑤10~15分を目安に行う(短時間)

コーディネーショントレーニングは、動きを学習するのではなく、条件がいろいろと変わった時に、それに合わせて自分の動きを変えられるようにすることが目的です。ですので、ある条件で、子どもがコツをつかんだと思ったら、その条件はやめて、新たな条件でやることが大事。パターン化してしまったらその時点で学習になってしまいますし、定着させることに、コーディネーショントレーニングとしての意味はないのです。

ポイントは、できるだけいろいろな条件の中で複合的に行ったり、複合的な動作をすること。例えば、あとだしジャンケン(先攻の人が出したジャンケンに負けるものを、後攻の人が1秒以内に出す)のようなものでもいいのです。
また、コーディネーショントレーニングは神経系(神経回路)に刺激を与えるトレーニングなので、長い時間行っても効果が高いわけではありません。1回につき、10~15分行えばいいでしょう。


コーディネーショントレーニングになる「おにごっこ」

コーディネーショントレーニング おにごっこ

コーディネーション能力を高める遊びとしてよくいわれるのが「おにごっこ」です。普段、サッカーをやっている子であれば、トレーニングの中で「おにごっこ」を取り入れると、それだけで差異化になりますよね。さらに、相手を見ずに逃げ回り、すぐにタッチされてしまう子がいたとして、その子に相手を見て動くよう言うのではなく、鬼に背中を見せてはいけないという条件を加えてみます。そうすることで、その子は鬼の動きを見るようになり上手に逃げられるようになります。また、逃げる範囲を決めたりするなど条件や変化をつけることで、コーディネーショントレーニングになるのです。

小中学生のサッカー選手の場合、「ブラジル体操」を通じてコーディネーション能力をチェックする時もあります。ブラジル体操とは、リズムに合わせて動きながらストレッチをする動的ストレッチの一種で、手を回しながら走ったりするなど、複合的な動きをするものです。一度デモンストレーションをしてみて、その通りにすぐできる選手には、より複雑な動きをした時はどうか、できない選手には、それで終わりにするのではなくて、他の条件にした時や、次にやった時にできるようになっているかを見るようにしています。

条件を変えながら、子どもがどういうことだったらできるのか、条件に合わせてどんな工夫をしているのか、また、いろいろな条件の中で、できるようになっていく過程を見てあげることが大切です。


失敗した理由を考えて工夫すれば、コーディネーション能力に

コーディネーション能力とサッカー

コーディネーション能力を高めるために知っておいてほしいのが「フィードバック」と「フィードフォワード」です。「フィードバック」とは、結果を自分の中に一度受け入れること。
「フィードフォワード」は、「フィードバック」した結果をもとに、次の動きを変えようとすることです。

例えば、サッカーでボールを奪うのが目的なら、奪えたら成功、奪えなかったら失敗ですよね。失敗した時に、その理由を考えるのが「フィードバック」です。もし、足を出すのが早すぎたと感じたなら、次に同じような状況になった時に、もう少し相手が近づくまで待とうなど、予め次の動きを作り出すのが「フィードフォワード」です。

「フィードバック」と「フィードフォワード」を何回も繰り返したり、いろいろな条件の中で繰り返し行い、精度や再現性(同じ条件だったら同じように動けること)を高めることが、コーディネーション能力を高めることにつながるのです。

失敗した時に、親や指導者が「失敗したから、こうしなさい」と言ってしまったら、子どもはフィードバックもフィードフォワードも行いませんよね。失敗した時こそ、子ども自身がその理由を考えて、次に成功できるように自分で工夫していくことがポイントです。

なお、小学生の間は、子ども自身が認識し、動きを変えようとしていれば、必ずしも失敗した原因や成功できた理由を言葉にできなくても構いません。ただ、中学生以上になると、「何か工夫したことある?」と親が聞き、自分の言葉で言語化することが、自己の認識を深めていくことにもつながるので、子どもの成長のためにも聞いてみるといいかもしれませんね。


子どもと一緒に遊びながら、親が工夫しよう

子どものコーディネーショントレーニング

最後に、私の子どもが小さい頃、家でよくやっていた、コーディネーショントレーニングにもつながる遊びを2つ紹介しましょう。

まず、部屋のあちこちにジョイントマットを置き、マットの上が島、周りが海という設定にします。マットから落ちたらサメに食べられてしまうという条件にして、おにごっこをしたりするのです。また、移動する時は「けんけん」という条件をつけるのもおすすめです。

もう1つは、私が木という設定で、子どもが私の体をよじ登っていく遊びです。肩までよじ登ったら、肩車をしてあげます。幼稚園の頃は、私が四つん這いになったり、スクワットの姿勢になったりと、子どもが登りやすいように工夫しました。小学校低学年になると、私が立った状態でも、子どもは肩まで登ってきましたね。私は190㎝ほどあるので、登るのが大変だと思うのですが、子どもなりに工夫するものです。

コーディネーショントレーニングとむずかしく考えず、子どもと一緒に遊ぶ中で「こういう条件にしたら、どんな工夫をするだろう?」と、楽しみながら行うとよいでしょう。些細な条件の変化でも、親が工夫しながら子どもと一緒に遊ぶことが、コーディネーショントレーニングにつながるはずです。

前編はこちら