「腸活」をはじめる前に。腸の役割とは?


腸活

腸活とは、食事やマッサージ、運動を行って腸内環境を整えること。まず、腸活をはじめる前に知っておいてほしいのが、腸の役割です。
「腸=排便機能」と思いがちですが、もう一つ忘れてはいけないのが、腸には栄養吸収の役割があるということです。

ストローをイメージし、口がストローの入口、肛門がストローの先だと想像してみてください。口から肛門まで、なんの吸収機能も働かなければ、水を飲んだらそのまま水が出てしまいますよね。

しかし、人間の体の中では、食べた物を胃で消化し、腸の中で腸内細菌という生き物が、体にいい要素に変えたり、分解をして、栄養を吸収してくれているのです。従って腸は体の中でも、とりわけ重要な働きを担っているということです。


腸は第二の脳

「腸脳相関」という言葉を知っていますか?
腸には多くの神経系が集まり、脳と密接に影響し合っていることから、「腸は第二の脳」とも呼ばれています。そのため、腸内環境はメンタルや集中力にも関わっているのです。

免疫細胞の7割が腸にあるといわれているほど、免疫機能においても重要な役割を担っています。また、アレルギーや風邪、睡眠、肥満なども腸が関わっているといわれ、体調を管理するためにも腸内環境を整えること、すなわち腸活を行うことは大事なのです。

腸内細菌のベースは3~5歳で決まる

子どもの腸活 腸内細菌

お腹の中には、どれくらいの腸内細菌がいるかをご存知ですか?なんと約1000種類もの腸内細菌が生息し、1.5㎏ほどあるといわれています。

ママのお腹の中にいる時、赤ちゃんは無菌状態です。産道を通る際、菌に触れ、その後、おっぱいを飲んだり、ママとのスキンシップや家にいる常在菌などを通して腸内細菌を獲得していきます。

腸内細菌の種類や数、量は人により異なり、腸内細菌のベースは3~5歳で決まるといわれているのです。
幼少期にいろいろな腸内細菌を得るには、じつは除菌をしすぎないことが重要。悪いウィルスは排除しなければいけませんが、子どもの腸内環境にとっては除菌をしすぎてしまうと、いろいろな種類の菌が獲得できず、結果、大人になってから、アレルギー症状が発生したり、肥満になる場合もあると研究では報告されています。

また、自閉症の子どもやコロナウィルスで重症化した人、様々な疾患のある人の腸内細菌を調べると、菌の種類や数が少なかったと報告されていることもあることから、幼少期にたくさんの種類の菌を獲得しておくことは重要なのです。


お腹の深部体温を上げよう!

子どもの便秘予防 便秘解消2

腸活にとって大事なことの一つは、腸内細菌が活動できる温度にすることです。腸内細菌が活発になるのは、37度前後だといわれています。夏になると菌が増殖しやすいように、腸活には、お腹の深部体温をあげることが重要なのです。

カンタンに深部体温をあげるには腹巻をすること。とくに寝るときに腹巻をすると、お腹が温まり、ぐっすり眠れるものです。リラックスしてぐっすり眠れる=(イコール)副交感神経が優位に働くので、腸の動きも活発になるのです。

ただし、日頃から体温の高い子どもの場合、夏に腹巻をして寝ると汗をかいてしまうことも。汗をかくと体を冷やしてしまい逆効果になるので、その場合は、ムリに腹巻をせず、お腹を出して寝ていないかチェックしてあげるといいでしょう。

腸活には適度な運動、体操も大切

一般の方とプロのアスリートの腸内環境を比べたところ、アスリートの方が、たくさんの種類の腸内細菌がいる(腸内細菌の多様性が高い)ことがわかっています。

それは、アスリートとして、意識して様々な栄養素をとったり、いろいろな人と触れ合う中で腸内細菌を獲得していることが考えられます。また、運動をすることで、腸内環境が活性化していることもその要因だと考えられています。

運動をすると深部体温が約2℃上がるといわれているので、腸活に重要とされる温度にあげるため、適度な運動も大切だといえるでしょう。 簡単な体操で構いませんので、「腸活」を意識して生活の中に取り入れてみては。


いかがでしたか?前編では、腸の役割の再認識と身近に取り入れられる腸活をご紹介しました。後編では、腸活にとり入れたい食べ物や子どもとの関わり方など便秘解消に向けてのあれこれをご紹介します。

後編はこちら