<教えてくれた人>
ライフオーガナイザー 中村佳子さん
ライフオーガナイザー中村佳子さん

家族が快適に過ごせる住まいをお手伝いする「Drawer Style」運営。一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会認定講師。2児(14歳長男、10歳次男)の母。片づけのプロとして、さまざまな個人宅や企業へのアドバイザー、セミナー講師として活躍している。アメブロ公式トップブロガー。著書に『男の子がひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)。https://drawer-style.com


子どもの片づけは何歳から教える?

「片づけを教えるのは、おもちゃを持って移動できるようになる、2歳頃から。ただ最初は、『絵本は棚に並べる』『ぬいぐるみは箱に入れる』といったワンアクション(連載第2回参照)で済む片づけがベストです。ぬいぐるみを箱に片づけられたら、『戻してくれてありがとう』などと、ぬいぐるみを擬人化して声かけすると、子どものやる気もアップします」

 

【3〜6歳(未就学児)】
「幼稚園に入園すると、子どもはぐんと成長します。幼稚園で身につけた片づけ習慣は、家でも有効です。楽しく片づけできるしくみを作りましょう」

1.“片づけBGM”を流してよーいドン!
「幼稚園の習慣を家でも取り入れてみましょう。“片づけの歌”を流し(歌い)、“よーいドン!”でスタート。楽しみながら、みるみるうちに片づけていきます!」

2.子どもの好きな遊びで収納
ライフオーガナイザー中村佳子さん 子どもの年齢別の片づけ1
「片づけに遊びの要素を取り入れると、子どもはもっと積極的になります! たとえば、磁石のしくみに気づき、くっつけたり外したりして遊び始めたら、マグネットバーにおもちゃをくっつける収納がおすすめです。わが家は、ゴム遊びが好きな頃に、ベッド下に平ゴムを取りつけ、おもちゃの剣を片づけていました(トップ画像)。いまもそのまま保存しています」


【7〜9歳(小学校低学年)】
「小学生になると、学習机やランドセルの置き場所が必要になります。子どもの動線を考えて配置することが、自分で片づけられる一番の近道です」

1.ランドセルスペースを確保する
ライフオーガナイザー中村佳子さん 子どもの年齢別の片づけ3
「スペースがあれば子ども部屋に、リビング学習派ならリビング近くに、ランドセル置き場を確保します。同じスペースに、教科書や筆記具、ハンカチなど、学校で使うものをひとまとめにしておくと、自分で用意しやすく、片づけもスムーズに!」

2.「片づけないなら捨てます!」はアリ
「子どもがどうしても片づけないときの、最終兵器がコレ。実際に、片づけないそのモノを捨てます。そのモノがないことに気づいた子どもが『ママ知らない?』と聞いてきたら、女優スイッチON。『え? ゴミかと思って間違えて捨てちゃったかも? ごめーん』とひと芝居うちます。子どもは『マズイ、片づけないと捨てられる』と思うはず。“大事なモノは自分できちんと管理する”ことを伝えたいがためのママ劇場(笑)、ぜひお試しください」


【10〜12歳(小学校高学年)】
「学校の準備に関してはベテラン組。日々の片づけに関しては、いちいちママに言われたくない、言われるとやりたくなくなるのが高学年の特徴。この時期は子どもの力を信じて、本人に任せてみるのもひとつの手です」

1.コミュニケーションの取り方がカギ
「この時期の子どもには、たとえば、『寝るまでに○○を片づけてね』というように、ある程度お任せするスタイルが有効です。また、お手伝いを頼む場合は、『リビングの片づけか、お風呂洗い、どっちがいい?』の2択作戦。これなら押しつけ感がなく、思わず選んでお手伝いしてしまいます」

2.思い出ボックスの管理は任せる
ライフオーガナイザー中村佳子さん 子どもの年齢別の片づけ2
「高学年になると、自分にとって大切なモノの価値観がはっきりしてきます。大切なモノを選ぶ力を育てるのが、自分専用の“思い出ボックス”。一箱を自分で管理するのが仕事です。限られたスペースに収まるよう、モノを選び、片づけるしくみを自分で試行錯誤することが大切です」


小さい子どもは視野も身長も手先も発達途中ですが、少しずつできることが増えるので、のびしろに期待! 子どもの年齢や成長に合わせた“片づけ力”を伸ばす秘策を、ぜひ実践してみてください。ママも子どももストレスなく、片づけに取り組めるはずです。次回はいよいよ最終回! 「時間と情報」の片づけ方を紹介します。大人になっても役立つしくみづくりのヒントが満載です。