くもんの先生の物語ムービー

2019.07.14

I am 夢を、輝きを、愛を、編むひとへ。vol.02

高校の教員から、結婚と出産を経てくもんの先生に転職した彼女。どんな想いで子どもたちと向き合い、日々の出来事やスケジュールをどんな風に過ごしているのか。ゆっくりと優しい口調で話す彼女から感じるのは、ママであり、くもんの先生であることの幸福感のような気がします。歳を重ねてもこの仕事をつづけていたいというその言葉を、聞いてください。