「にっこりチョコバナナ」のレシピ

<材料>(1人分)

  • バナナ…1本
  • ホワイトチョコレート…30g
  • ミルクチョコレート…30g
  • アラザンなどのトッピング…少々

<作り方> ※調理時間:20分

  1. バナナは4等分し、ストローに刺す。
  2. チョコレートをそれぞれ湯煎にかけて溶かす。溶かしたチョコレートの中にストローを刺したバナナを入れ、スプーンでバナナ全体にチョコレートをかけてコーティングする。
  3. 2をアラザンなどでトッピングしたり、目や口をチョコレートで描いたらコップなどに刺して冷蔵庫で10分程冷やし固める。

<ポイント>

「よくがんばったね!」というママの気持ちを、にっこり笑顔で表現したのがポイントです。バナナの顔は、竹串など尖ったもので描くか、チョコペンを使ってもOK。バナナチョコをストローのスティックごとりんごに刺し、特別感を出しました。
「よくがんばったね!」というママの気持ちを、にっこり笑顔で表現したのがポイントです。バナナの顔は、竹串など尖ったもので描くか、チョコペンを使ってもOK。バナナチョコをストローのスティックごとりんごに刺し、特別感を出しました。

 


お祭りの屋台で人気のおやつ・チョコバナナを作ろう

子どもに人気のチョコバナナ。自宅でお祭り気分を楽しめて、お子さんがきっと喜んでくれるはず。栄養価が高く、素早くエネルギーになるバナナと、緊張をやわらげ、精神をリラックスさせる効果があるチョコレートは、絶好の組み合わせ。簡単にできるので、親子で一緒に手作りを楽しめます。


チョコバナナは実はヘルシーなおやつ

フルーティなバナナと濃厚なチョコレートが相性抜群のチョコバナナ。どちらも甘みがあるので「カロリーが高いのでは?」と思われがちですが、実は栄養バランスにすぐれたヘルシーなおやつ。それぞれの栄養と効果をご紹介します。

バナナの栄養&効果

バナナには、体を動かすエネルギーとなる糖質が豊富です。バナナには消化速度が異なるさまざまな種類の糖質が含まれるため、ゆるやかに体内に吸収され、腹持ちがよいのが特徴です。また、たんぱく質の代謝に欠かせないビタミンB6の含有量は、フルーツのなかでトップクラス。髪の毛や皮膚、歯の健康を維持するのに役立ちます。

チョコレートの栄養&効果

チョコレートの主原料となるカカオに含まれるテオブロミンは、自律神経に作用して精神をリラックスさせ、集中力をアップさせる効果が期待できます。また、カカオポリフェノールも豊富。体内の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、免疫機能を高めてくれるといわれています。


「にっこりチョコバナナ」を楽しく手作りするコツ

チョコバナナは、すぐに手に入る材料で簡単に作れるおやつです。お子さんと一緒にチャレンジする時のポイントは、チョコレートがたれないようにバナナをよく冷やしておくこと。また、カットの仕方やトッピングを工夫すれば、もっとおいしく楽しいスイーツになりますよ。

バナナのカットの仕方を変えて食べやすく

屋台で売られているチョコバナナはバナナを丸ごと1本使っていますが、小さいお子さんには少し食べづらいかもしれません。食べやすくするために、バナナのカットの仕方にひと工夫を。ひと口サイズの輪切りにすれば、パクッと気軽につまめます。

デコレーションをアレンジして可愛らしく

コーティングのチョコレートに、ピンクのストロベリーチョコレートやグリーンの抹茶チョコレートを使うのもおすすめです。いろいろな色のチョコレートを使ったチョコバナナは見た目が可愛いらしく、普段のおやつにはもちろんホームパーティーにもぴったり。さらに、スプレーチョコやクランチチョコなどお好みのトッピングを添えてみてください。


食べればきっと笑顔がこぼれる「にっこりチョコバナナ」

簡単に作れるうえにおいしくて、体にうれしい栄養をたっぷり摂れる「にっこりチョコバナナ」。可愛らしいにっこり笑顔を描いて、お子さんへのエールを送ってみてください。ひと口頬張れば思わず笑顔になる、とっておきのごほうびスイーツを手作りしてみてはいかがでしょうか。