身長がぐっと伸び始める前までに
基礎体力をつけておくことが大切

近年、子どもの転倒によるケガが増えているようです。
その原因として考えられるのは、昔は公園遊びなどで運動能力が自然と身についていたものの、近年は外遊びが減ったことなどから身体全体を動かしたり、身体への衝撃を受けたりなどの体験が少なくなり、基本的な運動能力が養われていない子が多いからです。

また、スポーツに打ち込んでいる子どもでも、幼い頃から特定のスポーツだけを行っているケースが多く、幼少期から専門競技に特化してしまうと、そのスポーツで使う身体の動きは上達しても、それ以外の基本的な運動能力が発達していないというケースもあるでしょう。

人は大人になるまでに、神経や骨、臓器などさまざまなものが発達していきます。下記は、「スキャモンの発達・発育曲線」といって、それらの成長度合いを、生まれてから20歳になるまでの間、リンパ系型、神経系型、一般系型、生殖器系型の4つに分けて表したものです。

※soccer MAMA WEBより流用

器用さやリズム感などを担う脳神経回路(神経系型)の発達は、12歳になる頃にはほぼ100%に達していますよね。そのため、9~12歳は「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、あらゆる動作を習得するのに適している時期だと言われています。

でも、子どもは同じ年齢でも、身長や体格に差があるものです。そのため、近年は、生まれてからの暦の上での年齢「暦年齢」に合わせて運動能力を伸ばしていくよりも、骨年齢(身長)や生殖器の発達などを測った「生物学的年齢」も考慮したほうがいいと言われています。

中でも、とくに運動能力と関係すると言われているのが身長です。
身長の発育の速度が最も盛んになる期間を「PHV(Peak Height Velocity)」と言い、PHVに入る前に、いろいろな運動をして基礎体力を養うとより身につくと言われています。この時期にいろいろなスポーツをすれば健康でバランスのいい身体や、ケガ予防にもつながるといえるでしょう。

また、急激に身長が伸びてからピークまでの間は、競技に必要な持久力を伸ばすといいと言われています。一方、この期間、スポーツに打ち込んでいる子はオスグッド病(成長痛)などのスポーツ障害になりやすいとも言えるでしょう。


成長期を把握するために
子どもの予測身長を知っておこう!

お子さんの身長の伸び具合を把握していますか?子育て中は何かと忙しいので、ついつい見過ごしてしまうこともあるのではないでしょうか。
身長がぐっと伸び始める頃からピークを迎えるあたりの時期が「成長期」と言われ、成長期はまだ骨が成熟していないため、ケガが起こりやすい時期なのです。
小学校では定期的に身体測定を行っているので、母子手帳の成長曲線のシートに身長や体重を書き込んで日頃から成長度合いを確認しておくといいでしょう。

また、子どもの最終的な身長を予測できていれば、成長期のピークや成長期がどれくらい続くのかの目安になりますよね。子どもの予測身長は、両親の身長から計算できます。簡易的な方法なので誤差はありますが、お子さんの成人になった際の予測身長として活用することができます。
男の子の場合:[お父さんの身長+(お母さんの身長+13)]÷2
女の子の場合:[お父さんの身長+(お母さんの身長−13)]÷2
※Target Height法

また、ケガをした際にレントゲンを撮る機会があれば、骨端線があるかどうかを確認してみてください。骨端線とは、骨と骨の間にあるすき間のことで、レントゲンには線のように写っています。骨端線は骨が成熟した状態になると閉じるので、骨端線があればまだ身長が伸びる可能性があるといえるでしょう。

なお、スポーツに打ち込んでいる子は、身長が伸びきっていない時期に、チームの中で同じ年齢だからといって、負荷のあるトレーニングを行いすぎると、身体への刺激が強すぎてしまい、身長が伸びづらくなったり、ケガやスポーツ障害につながってしまうこともあるでしょう。負荷をかけるトレーニングは、身長の伸びがピークを迎えた後、徐々に行うことが重要です。


手を使う簡単な運動を取り入れよう

安全に気をつけながら遊ばせていても、子どもは時に転倒してしまうことがあります。転倒によるケガの中でも、転んだ時に手をついてしまい手首にヒビが入った、骨折したというケースが多いようです。それは、公園遊びが少ないがゆえ、滑り台や鉄棒など手を使う遊びが減っているのが要因の一つです。

ですので、公園や校庭などで、手を使う遊具で積極的に遊ぶことが、将来のケガを防ぐ対策になると言えるでしょう。
また、日頃から下記のような手を使う簡単な運動を取り入れるのもおすすめです。

・かえる跳び

しゃがんで両手を前につき、お尻を上げるように両足でジャンプ。慣れてきたら、両手を一度床から離してから手をついてジャンプ。

・くも歩き

仰向けになって両手を後ろにつき、お尻を上げた状態(四つん這いの姿勢)で、前後や左右に歩く。

他に、床にうつ伏せで寝た状態から、手をついてすぐに起き上がるという動作を繰り返すのもおすすめです。


いかがでしたか?前編では、運動能力の発達時期や予測身長など、子どもが将来ケガなくいろんなことにチャレンジする身体づくりのために知っておきたいことについてお届けしました。後編では、スポーツに打ち込んでいる子どもに多い「スポーツ障害」についてご紹介します。

後編はこちら