スポーツキッズをもつ先輩ママ
 
参加していただいたスポーツキッズをもつ先輩ママ
(左から)

瀨戸美佳さん
小4の長男がサッカーのクラブチームとサッカースクールに所属。年長の次男はサッカースクールに。

吉原麗子さん
小3の男児が少年野球チームに所属。

仲安智美さん 
小3の男児が剣道を習っている。


子どもが習い事やスポーツを始めたきっかけは?

子どもにおすすめの習い事

――最初に、お子さんがそのスポーツを始めたきっかけを教えてください。

瀨戸さん 主人がサッカーをしていたこともあって、自然とサッカーをやってほしいという気持ちがありました。始めたきっかけは、幼稚園であったサッカーの課外教室。今、兄はクラブチームとサッカースクール(※)、弟はサッカースクールに通っています。

吉原さん うちは主人が野球の強豪校出身で、本気で甲子園を目指していたこともあり、息子にも野球をさせたいという思いがずっとあったんですね。

去年(小2)の秋ごろ、友だちが野球をやっていたこともあって、息子からやりたいと言ってきたんです。小学生の間は、楽しく野球ができればいいし、同じ小学校に縦のつながりや友だちがたくさんできたほうがいいと思い、通っている小学校のグラウンドで活動している少年野球チームに入りました。

仲安さん うちは、私の父が剣道の道場を開いていることもあり、小3の息子は剣道をやっています。私自身、低学年の頃に剣道をやめてしまった後悔もあったので、年長の時に習わせることにしました。

※サッカーのクラブチームは、地域にあるサッカーに特化したチームで、大会などにも出場します(日本サッカー協会4種に所属)。一方サッカースクールは、個人技を磨くいわゆる“サッカー塾”です。
詳細:https://soccermama.jp/240


最初のスポーツはスイミング

子どもにおすすめの習い事水泳
――お子さんは今のスポーツを始める前に、別のスポーツもされていましたか?

瀨戸さん スイミングに通っていたのですが、ある程度泳げるようになった時点でやめました。サッカーとの両立が難しくて、息子にどっちがやりたいかを聞いたら、サッカーでしたね。

吉原さん うちもスイミングは習っていました。でも、やらされてる感がありましたね(笑)。

仲安さん 保育園の頃は、水泳、サッカー、体操、ピアノを習っていたんですけど、小学校に入る前に息子と相談して、剣道とピアノに絞りました。

 
――最初にスイミングを習った後、本格的に別のスポーツを始めるというケースが多いのかもしれないですね。今、お子さんが頑張っているスポーツの魅力はどんなところでしょうか?

吉原さん 野球は団体競技なので、みんなで試合に勝った時の喜び、負けた時の悔しさを共有できるのがいいなと思いますね。息子がランニングホームランを打った時は、大興奮でした(笑)。

瀨戸さん サッカーは、ゴールを決めるポジションの子が上手い選手で、その分、喜びも大きいと思っていました。息子はクラブチームでは、そのポジションなんですけど、なかなか戦力になれず、ベンチにいることも多くって。

一方、スクールでは、中央のポジションなのですが、息子がボールを留めて、ゴールに近づけようとしたり、試合を作り上げていく姿が見られて、感動することも。チームでの役割、個性が出せるポジションがあるというのもサッカーのおもしろさだと思います。

仲安さん 剣道のよさは、挨拶、礼儀作法が稽古の中で培われていくことです。昔からの日本の文化も学べますしね。大人で習いに来ている方が相手をしてくれたり、外国の先生もいらっしゃることがあるので、いろいろな国籍、年齢の方と関わることができるのも魅力だと思います。


子どもがスポーツをすると親はサポートで大変?

スポーツキッズを持つ先輩ママ2
――今は、どれくらいの練習量でしょうか?野球は練習時間が長いというイメージがあるのですが…。

吉原さん 野球は平日の練習はなく、土・日・祝日は、朝から夕方まで練習か試合があります。休みは雨の日だけですね。

仲安さん 剣道は週に3回、18時半~19時半くらいまで稽古があります。

瀨戸さん 月曜日以外は全部サッカーです。サッカースクールは回数が決まっていないので、週に何回行ってもいいんですが、息子は自分が練習に行かない間に、みんなが上手くなっていると感じるらしく、練習に行きたいみたいです。

 
――子どもがスポーツをすると、親のサポートが大変そうというイメージがあるのですが…。

吉原さん 送り迎えは親がするのですが、練習中は見守っていなくてもいいですし、自由ですね。お茶当番も3ヶ月に1度なので、大変ではないです。ただ、試合会場には子どもたちを車で連れていくので、車出しはありますね。試合中は、私にできることは何もないので、チームのTシャツを着て、ひたすら応援しています(笑)。

また、食事面では、朝ごはんは米食にして、できるだけ子どもの好きなものを作って、お腹いっぱい食べさせるようにしています。

瀨戸さん 息子が通っているクラブチームやスクールには、少年団のような親の係は一切ないですね。私ができることは思いっきり応援すること。息子の練習や試合を見ていると、何度も感動させられたり、熱い気持ちになることがあるんです。自分の中に、こんな熱い想いがあるなんて、正直思わなかったですね。

仲安さん 稽古のある日は、行く前と帰宅した後に食事をするので、夕飯が1日2回ある感じです。夕飯の支度は大変だと思いながらも、きちんと食べさせないと強い体ができないと思うので、稽古の前と後で、違うメニューを作っています。

稽古中は、息子の様子が気になり見ていることも多いです。先生は、常に息子を褒めて伸ばしてくれるので、稽古で褒められたことを家でもう一度褒めるようにしています。そうすると、よりやる気がでるようです。送迎や食事など大変なこともありますが、私自身が楽しんでいる部分も多いですね。


子どもにスポーツを習わせてよかったこと・成長を感じたことは?

――サポートすること以上に、ママが楽しめたり、感動することも多いんですね!スポーツを通して、お子さんが成長したと感じることはありますか?

仲安さん 挨拶はしっかりできるようになったと感じています。精神面はまだまだですが、少しずつ集中力もついているんじゃないかと思います。

吉原さん 負けず嫌いでもなく、穏やかな子なのですが、向上心がついたと思います。野球が大好きになったので、自分でグローブも磨いていますし「次の試合は絶対打つ」「ピッチャーをやりたい」とやる気に満ちていますね。夢中になれるものができてよかったと思います。

瀨戸さん 次男が、先日初めて合宿に行ったんです。家では、まだ上手に箸を使えなかったり、自分の物も自分で管理できないのですが、合宿ではせざるを得ないので、次男なりに頑張っていたみたいです。集団生活の中で学べることがあったようで、少し意識が変わりましたね。

クラブチームでは、毎年マラソン大会があるのですが、その時に長男が友達に「頑張ろう」「あと何週だよ」と常に声をかけているということをチームメイトのお母さんが教えてくれました。私の前を走る時だけ真剣で、それ以外はダラダラ走っているとばかり思っていたのですが、精神面でもちょっとずつ成長していると思い、嬉しくなりましたね。


スポーツキッズをもつ先輩ママからのアドバイス!

――読者の方の中には、どんなスポーツがいいのか迷っている方もいると思います。そんなママたちにアドバイスを。

仲安さん 剣道は日本の文化でもありますし、礼に始まり礼に終わるという礼儀作法も学べます。外国の方には剣道に興味を持っていらっしゃる方も多いので、子どもの時に習っておくと、コミュニケーションの一つにもなると思います。

吉原さん 試合で息子がバッターボックスに立つと、ハラハラ・ドキドキしますし、野球は見ていても本当に楽しいスポーツです。チームの子どもたちみんながかわいいと思えるようになり、親も一緒になって喜んだり、涙したり。子どもたちが監督を胴上げするシーンは感動ものです。

瀨戸さん サッカーをするには、少年団、クラブチーム、スクールなど、いろいろな選択肢があり、指導方針にも違いがあります。その中でも、子どもが楽しめる環境が一番だと思いますね。
 
 


スポーツを通して子どもたちが成長すること、そしてママ自身も楽しめることがわかりました!後編では、スポーツキッズをもつ先輩ママたちによる、スポーツを続ける秘訣や子どもが挫折してしまった際の対処法、スポーツを通して成長したことについてお届けします。