<教えてくれた人>
ヘア&メイクアップアーティスト
meguさん

数多くのアーティストやモデル、タレントのヘアメイクを手がけ、雑誌や広告など幅広いメディアで活躍中。コスメやスキンケアのディレクターも務める。一児のママとして、子育てと仕事を両立中。


表情が明るくイキイキ!
オレンジヘルシーメイク

カジュアルコーデもOKな保護者会では、清潔感のあるヘルシーなメイクがおすすめ。オレンジ系のワントーンメイクで顔色を明るく演出し、ニュアンスカラーのアイライナーでさり気ないトレンド感もON。リップティントで唇を染め上げれば、屋外などでマスクを外したときも安心♪ ヘアはコテで後れ毛や前髪に軽く動きをつけて、シンプルな1つ結びをこなれた印象にアップデートさせましょう。


好印象ママをつくる!
メイクアップ3つのポイント

マスカラで毛流れを整えたアカ抜け眉、オレンジシャドウで作るはつらつとした目元、血色を仕込んだハッピー感のある頰&唇がメイクの要。トレンド感も可愛げも、ヘルシーさも欲張れるメイクで、”あの人に話しかけてみたい”オーラをまといましょう。

ポイント①
眉マスカラで眉頭を立ち上げる

ブラウン系の眉マスカラを使い、眉尻から眉頭を軽くなぞって逆毛を立て、眉の根元までカラーリング。次に眉頭から眉尻へなぞって毛流れを整え、眉頭の毛を立ち上げるようにブラシを下から上に動かしましょう。眉に抜け感と立体感が生まれて、目元の印象もパッと明るく!

〈使ったアイテム〉

おすすめの眉マスカラは、自然な明るさのナチュラルブラウン。色浮きせずに自眉になじみ、優しく&柔らかな目元を演出してくれます。眉が濃く黒くて垢抜けない……というママでも、ひとなでするだけで印象チェンジが叶います。

ポイント②
テラコッタで自然な陰影と奥行きをメイク

テラコッタのアイシャドウを二重幅より広めに塗り、下まぶたのキワにも塗って目元を囲みましょう。グレージュのアイライナーを上まぶたの目頭から目尻に引き、さり気なく目のフレームを強調させて。グレージュなら全体に引いてもきつい印象にならず、トレンドカラーで洒落感もアップ。オレンジのマスカラを上下のまつ毛に塗ったらフィニッシュ。

〈使ったアイテム〉

アイシャドウは、フィット感抜群のクリームタイプをチョイス。ツヤ感を与えて明るい目元を叶えてくれます。アイライナーは、さり気ないトレンド感が仕込めるグレージュカラーを。目元をソフトに引き締めながら、印象的な眼差しに。マスカラはオレンジを選んでアイシャドウと色合わせし、目元をヘルシーに彩りましょう。

ポイント③
チーク&リップで血色感を仕込む

目元に合わせたオレンジ系のチークを、頰の中心に薄く丸く塗り広げましょう。ピンクよりも甘くなりすぎず、はつらつとした雰囲気をまとえます。リップはマスクへの色移りを防いでくれるティントタイプを。唇の中央にトントン置きし、唇を上下にこすり合わせて全体になじませて。仕上げに唇の輪郭部分を指でぼかし、境目を曖昧にしましょう。

〈使ったアイテム〉

チークは顔色が冴えるオレンジ系を。パウダーなら濃淡をつけやすくぼかしやすいので、久々にチークを塗って失敗した……なんて心配もなし。リップも同系色のオレンジをセレクト。ティントタイプは色持ちがよいので、マスクを外してもキレイをキープできます。


マスクをしても好印象をキープ

フェイスラインに密着する立体型マスクなら、顔の余白をカバーして小顔効果も期待できます。くすみベージュやくすみピンクを選べば、肌色になじみながらも血色感がふわりと上がり、マスクをつけていても元気で優しい印象に。

[+1のヘアテクニック]
髪を緩く巻いてお洒落なニュアンスをつける

26mmのコテで髪の表面をミックス巻きにし、前髪も軽く内巻きに。髪に柔らかな毛流れを作ると、結んだときに立体感が生まれて、のっぺり感を防ぐことができます。後れ毛を残して1つ結びにしたら、ヘアアクセを巻きつけてドレスアップさせましょう。後頭部や襟足から髪を少量引き出して、抜け感とニュアンスを仕込めばOK。


明るく元気なオーラをまとえるオレンジメイクなら、初めましてのママとの距離感も一気に縮まるはず。色選びとテクニックを参考にして、第一印象をアップさせましょう!

前編「メイクアップ講座 失敗しない!お受験・就活メイク」はこちら