草むらや枯葉の下に隠した、折り紙の蝶やバッタを見つける遊びです。蝶はくしゃっとさせ、バッタは後ろ足の関節を折ると、まるで擬態している虫のよう! 折り紙の虫を探しながら森を探検したり、本当の虫を見つけたりと、どんどん遊びが広がります。


<材料>
材料

・折り紙(茶色・緑)
・封筒

 

 

 


<作り方>
【バッタ】
2つ折りにした折り紙にハサミを入れ、バッタの形に切る。図鑑や画像を見ながらつくるとよい。1.
2つ折りにした折り紙にハサミを入れ、バッタの形に切る。図鑑や画像を見ながらつくるとよい。

足の部分は後ろを長くし、間接をつくる。頭の方に切り込みを入れ、触覚をつくるとより本物らしさがアップ。2.
足の部分は後ろを長くし、間接をつくる。頭の方に切り込みを入れ、触覚をつくるとより本物らしさがアップ。

【コノハチョウ】
枯葉そっくりのコノハチョウは、茶封筒を切ってつくる。端からハサミを入れ、蝶の羽の形に切る。図鑑や画像を見ながらつくるとよい。1.
枯葉そっくりのコノハチョウは、茶封筒を切ってつくる。端からハサミを入れ、蝶の羽の形に切る。図鑑や画像を見ながらつくるとよい。

上の羽の方から細く切り込みを入れ、触覚をつくる。切った後、手でくしゃっとさせるのがポイント。2.
上の羽の方から細く切り込みを入れ、触覚をつくる。切った後、手でくしゃっとさせるのがポイント。

完全に開ききらず、くしゃっと感を残すと、自然な風合いが出る。3.
完全に開ききらず、くしゃっと感を残すと、自然な風合いが出る。